COLUMN

コラム

2021.08.20 NEW

暮らしやすい間取りとは【滋賀県甲賀市新築コラムVol.200】

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で注文住宅をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの青木です。

 

お家を考える時重視したいポイントはデザインや外観、内装などあるかと思いますが、暮らしやすい間取りにこだわりたいという方も多いのではないでしょうか。快適に、暮らしやすい家にするためには間取りは非常に大切です。

今回は、暮らしやすい間取りについてご紹介いたします。家づくりを考えている方は、ぜひ間取りにもこだわってみてくださいね。

 

暮らしやすい間取りのいろいろ


①家事動線を考える

忙しい夫婦にとって家事がしやすい間取りは大切です。家事をする時に無駄な動きをせずスムーズに動くことができるようになれば家事のしやすさはぐんと上がります。キッチンと洗面室を近くにして料理の合間に洗濯物を片付けられるようにする、回遊性のある間取りにして無駄なく動けるようにする、など家事動線を考えた間取りにもいろいろあります。

また物が散らかりやすい場所や家事をする中で使いやすい場所に収納スペースを設けることも、家事のしやすい間取りにはいいかもしれません。

どうしたら家事がしやすくなるか、日々どの家事に多く時間を使っているかなどを考え、自分に合った家事がしやすい間取りを考えてみましょう。

 

②子育てしやすさを考える

子育て世代のご家族は、やはり子育てのしやすい間取りがうれしいですよね。子育てをしやすい間取りとして、対面型のキッチンを使用したLDKがあります。子どもが小さいうちはリビングで遊ばせたり、勉強をしたりするご家庭が多いと思います。対面型のキッチンにすれば、料理中でもキッチンからリビングの様子を確認することができるので子どもの様子を見ることができて安心です。

 

またリビング階段を採用するのもいいかもしれません。リビング階段は自然に家族が顔を合わせることができるので、子どもが大きくなり遅い時間まで部活動があったり友人と遊びに行ったりしている時に子どもがいつ帰ってきたのかがすぐわかります。思春期で親と会話が少なくなっても顔を合わせることができるので、子どもの様子をチェックすることができ親としては安心ですね。

 

③仕事のしやすさを考える

最近は新型コロナウイルスの影響により仕事がテレワークに変わった方も多いかもしれません。テレワークをする方の悩みとして多いのが集中して仕事ができないというものです。会社なら自分のデスクがあり、必要な機材もあり、適度に静かな環境がありますが、家にいるとどうしてもオンオフの切り替えができず家族の声や音が気になってしまうという方が多いようです。

テレワークが多くなり家で仕事をする方には書斎のある間取りをおすすめします。やはりデスクと椅子があるだけでも仕事のしやすさは変わります。ダイニングテーブルで仕事をする方もいらっしゃると思いますが、週の多くをテレワークをして過ごすなら書斎があった方が食事の度にパソコンなど仕事道具を片付けずに済むだけでなく、大事な書類を汚してしまうということも防ぐことができます。

また静かに仕事がしたい方は家族が集まるリビングから離れた場所にする、スペースはあまりとりたくないけれど集中できる場所をつくりたい方は小さなスペースを有効活用してみる、などいろいろな方法があります。

 

まとめ


ライフスタイルによって暮らしやすい間取りはそれぞれ違います。せっかくのマイホーム、暮らしやすいお家にしたいですよね。毎日の生活から、例えばキッチンに物をあまり置きたくない、食料などをたくさんストックしておきたい方ならパントリーをつける、料理中も家族とコミュニケーションがとりたい方ならアイランドキッチンにする…などたくさんの工夫を考えることができます。

間取りにこだわりたい方は一度お家のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

暮らしやすい間取りに興味がある方はぜひびわこホームにご相談ください!お待ちしております。

 

===========================
【 WEB予約特典 】
WEBからの事前予約で来場いただくとQUOカードプレゼント!!

※ ご新規のお客様限定
※ 家づくりのご相談をされたご家族様に限ります

===========================

CONTACT

お問い合わせ

モデルハウス・完成物件の見学や資料請求など
お気軽にご相談ください。

0120-76-0148

営業時間 9:00~20:00
(火:9:00~17:30 水:定休日)

【ショールーム】
滋賀県甲賀市水口町名坂1033-7

アクセスマップ