COLUMN

コラム

2021.03.26

アクセントカラーを取り入れた部屋づくり【滋賀県甲賀市新築コラムVol.151】

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で注文住宅をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの青木です。

 

想像していたようなお部屋にならない、インテリアがいまいちしっくりこないと悩んだことはありませんか?インテリア配色にはコツがあります。理想のお部屋に近づけるようにインテリア配色のコツを見ていきましょう。

今回はアクセントカラーを取り入れた部屋づくりについてご紹介します。新築でお部屋づくりを始める方はもちろん、模様替えで気分を変えたい方、新しいインテリアに挑戦してみたい方、アクセントカラーを取り入れたお部屋づくりに挑戦してみませんか?

 

 

アクセントカラーとは


アクセントカラーとは、配色を目立たせたり、強調したりと変化を持たせるカラーのことをいいます。インテリアでは小物やクッションなどからアクセントカラーを取り入れることが多いです。

さらにアクセントカラーを入れることで空間を引き締めたりまとめる効果もあります。例えば柔らかい雰囲気のナチュラルインテリアなど、全体的に白やベージュなどの優しい色合いでメリハリを感じにくいインテリアでははっきりした色をアクセントカラーに使うと効果的です。

補色をアクセントカラーに使う方法もあります。補色は色相環で正反対に位置する色のことで、補色の関係にある色を合わせることによってお互いの色を強調する働きがあります。例えば、黄系と紫系、赤系と青緑系などがあります。

 

 

インテリアの配色のコツ


 

①使うカラーを絞る

インテリアのカラーを決めるときには、まず基本に使いたいカラーを決めましょう。選びきれなかったり、何色も使いたくなるところですがいろいろな色を使うよりも何色かに絞る方がまとまりのある空間にすることができます。床やクロス、天井など大きな部分を占めるベースカラー、家具やカーテンなどベースカラーの次に大きな部分を占めるアソートカラー、小物などで取り入れるアクセントカラーの3色ほどに絞るとまとまりやすくなります。

 

②お部屋のテーマを決める

お部屋をどんな部屋にしたいかテーマを決めてみましょう。テーマを決めることで、テーマに合った配色を考えることができるのでお部屋のイメージをはっきりさせることができます。

例えばナチュラルなインテリアにしたい場合は木目を感じる家具や小物、観葉植物などで自然を感じるものを取り入れ、色はホワイトやグレー、ベージュなどの色を使うとナチュラルで優しい雰囲気をつくることができます。

 

③アクセントカラーをうまく使う

アクセントカラーは小さな部分に使用することでその部分を目立たせる効果があります。そして空間を引き締めたり、目を引くポイントをつくることができます。アクセントカラーを入れることで、普通のインテリアのお部屋を一気におしゃれなお部屋に変えることができます。

またアクセントクロスとして壁の一面だけ色を変える方法もあります。リフォームでお部屋の雰囲気や印象をがらっと変えてみたいという方にもおすすめです。アクセントクロスを選ぶ場合は、お部屋の使い方や置きたい家具などと合わせて考えることで失敗することもありません。

 

 

まとめ


アクセントカラーを取り入れることで、イメージをがらりと変えたり、すっきりとまとまったお部屋のように見せることができます。お部屋をおしゃれにするには配色も大切です。配色を意識して、アクセントカラーを効果的に使うことで素敵なお部屋にしてみてください。

アクセントカラーを取り入れた部屋づくりをしたい方、こだわりのお家づくりがしたい方、ぜひびわこホームにご相談ください!お待ちしております!

 

===========================
【 WEB予約特典 】
WEBからの事前予約で来場いただくとQUOカードプレゼント!!

※ ご新規のお客様限定
※ 家づくりのご相談をされたご家族様に限ります

CONTACT

お問い合わせ

モデルハウス・完成物件の見学や資料請求など
お気軽にご相談ください。

0120-76-0148

営業時間 9:00~20:00
(火:9:00~17:30 水:定休日)

【ショールーム】
滋賀県甲賀市水口町名坂1033-7

アクセスマップ