COLUMN

コラム

2021.03.11

子育て世代に使いやすいキッチンとは【滋賀県甲賀市新築コラムVol.146】

甲賀市、湖南市、蒲生郡日野町、竜王町、東近江市で注文住宅をご検討される皆様こんにちは。びわこホームの青木です。

 

最近は共働きのご夫婦が多く、忙しい日々の中で家事を少しでも楽にできる間取りを取り入れたり、部屋がすっきりとした状態を保つためにたっぷりの収納を設けるなど、忙しい家族でも暮らしやすい家づくりがしたいという方が増えてきています。

中でも子育て世代のご家族が気になる家づくりのポイントとして、キッチンを選ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。火を使ったりガラスや割れ物を置いていたり、刃物を使うキッチンは小さい子どもにとって非常に危険な場所です。しかし料理中も子どもの様子を見守ることができるような、開放感のあるキッチンにしたいという方も多いでしょう。

今回は子育て世代に使いやすいキッチンについてご紹介しています。ぜひお家づくりの参考にしてみてください。

 

 

子育て世代にぴったりなキッチン


 

♦アイランドキッチン

アイランドキッチンは人気で取り入れる方も多くなってきたキッチンスタイルです。四方が壁に囲まれていない、完全に独立した、その名の通り「島」のようなキッチンです。アイランドキッチンの良さは壁に遮られないため周りをよく見渡すことができ、作業のスペースも広く動きやすいところです。周りをよく見渡すことができるため料理中でも子どもの姿を見守ることができます。

注意したいポイントとしては、オープンな空間だからこそ子どもがキッチンに入ってこないようにするためのベビーゲートの設置が難しいというところがあります。また開放的なので煙や油が部屋中に広がりやすくキッチン以外の場所の掃除が大変になる可能性があります。

 

♦対面キッチン

アイランドキッチンとは違い、キッチンの片側が壁に接しているキッチンのことを対面キッチンといいます。対面キッチンは四方が壁に囲まれていないアイランドキッチンよりは動きにくくなりますが、その分キッチンへの動線が限られるため子どもがキッチンに入れないようにベビーゲートをつけたりとできる対策が広がります。

注意したいポイントとしては、キッチンから動く時に動きにくさを感じるところです。忙しくバタバタしてしまいがちな子育て世代が対面キッチンを取り入れる場合は動線を意識しながらキッチンの場所や間取りを決めると良いでしょう。

 

♦壁付キッチン

壁付キッチンは対面ではなく、壁とキッチンが向き合うように設置されたキッチンのことです。マンションでよく使われている形なので馴染み深い方も多いのではないでしょうか。壁付キッチンは壁に向かい合う形になるので、自然と料理に集中できたり、後ろと左右を遮るものがないので広々とキッチンを使うことができます。

注意したいポイントとしては、料理中に子どもの様子を確認しにくく、さらにキッチンや料理中の手元が丸見えになってしまうため来客時には気をつけないといけないところです。

 

 

まとめ


理想のキッチンを選ぶだけでなく、子育て中のご家族は家事のしやすい動線や子どもがキッチンで怪我をしたりしないような工夫を考えることも大切です。使いやすいキッチンを選んで、忙しくても料理を楽しめる時間をつくれるといいですね。

使いやすいキッチンに興味がある方、子育て世代に便利な間取りを考えたい方、ぜひびわこホームまでご相談ください!お待ちしております。

 

===========================
【WEB予約特典】
WEBからの事前予約で来場いただくとQUOカードプレゼント!!

※ご新規のお客様限定

※家づくりのご相談をされたご家族様に限ります
=========================

CONTACT

お問い合わせ

モデルハウス・完成物件の見学や資料請求など
お気軽にご相談ください。

0120-76-0148

営業時間 9:00~20:00
(火:9:00~17:30 水:定休日)

【ショールーム】
滋賀県甲賀市水口町名坂1033-7

アクセスマップ